×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

投資信託

投資でリスクを分散

団塊の世代の方で、郵便局に預けておくのが一番安全
だと思っている方が多いようです。

 

僕の両親も郵便局が一番安全だと思っています。
たしかに、デフレの時はそうかもしれません。
下手に投資に手を出して元本を減らすくらいなら、
そのまま置いておいた方が良いかもしれません。

 

しかし、これからはインフレかつ円安になっていく可能性が高く
日本国内だけで見ていたらそれほど違いに気付かないかもしれませんが、
世界的に見ると日本円の価値はどんどん下がっていってしまいます。

 

そういった時に郵便局や銀行に現金を預けてあるだけだと、
購買力が減っていってしまいます。
つまり、お金の価値が下がり、物の値段が高くなるので、
同じ金額で買える量が減っていきます

 

そういう時に、現金以外の資産を持っておくと、
リスクヘッジとなるのです。

収入も上がらず、物価が上がり続ける時代

サラリーマンが安定している
と言われる時代は終わり、

 

給料は下がり続ける未来が待っている

 

と思う人も増えてきました。
そこで、自分たちに何ができるでしょうか?

 

 

自分の時間を切り売りするアルバイトだと
睡眠不足や過労に陥り、本業の収入を減らしてしまうことも。

 

 

それほど時間をかけずに
副収入を増やすにはやはり投資がいいでしょう。